スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2伏せかガン伏せか、それが問題だ

だいぶ個人的感覚のはいったプレイング論
1.罠ビート
2.奈落警告神宣月の書サイクロンのはいったテーマデッキ
3.罠少なめのテーマデッキ

この3つのデッキの視点でバックに関するプレイングを適当にだらだらと

1の場合
基本は3~4伏せ、その中にサイクロンを一枚仕込めるのがベスト
スタロがなくてもこれは鉄板
嵐警戒は必要なし、相手が勝手にスタロ警戒して温存してくれればラッキー

2の場合
初手に妨害魔法罠2枚+サイクロンの時
魔法罠を伏せてサイクロンは手札に温存
サイクロンの仕事は自分が展開するときに相手の手を潰すためのもの

3の場合
基本的にサイクロンは伏せで渡すのを定石に
相手のサイクを釣って2:1交換できるのが理想
相手が1か2のパターンの時が一番難しいけど

細かい解説は追記に

続きを読む

スポンサーサイト
自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。