スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7-3

DDT's effectiveness as an insecticide was discovered in 1939 and began to be widely used during the Second World War.
DDTの殺虫剤としての有効性は1939年に発見され、第二次世界大戦の間に広くつかわれ始めた
For many years DDT seemed to be just one more miraculous product of modern science.
何年間もDDTはもう一つの現代科学の奇跡の産物だと思われていた
It was used to destroy many harmful insects, malaria-carrying mosquitoes,lice,and flies.
それ(DDT)はマラリアの媒介となる蚊やシラミ、ハエなど有害な虫を滅ぼすために使われた
There is no question that DDT and similar chemicals did, and still are doing, a lot of
good.
後で翻訳
The danger from insect-carried diseases, such as malaria and yellow fever,has been greatly reduced by their use.
マラリアや黄熱病のような、媒介中によって運ばれる病気は、それら(DDTとよく似た化学物質)の使用によって大きく減少した。
The lives of many people have seen saved and lengthened.
多くの人々の命が助かり、寿命が延びた

Silent Spring, however, tells about the other side of DDT and similar chemicals.
しかし沈黙の春はDDTとDDTによく似た化学物質の別の面について書いている
Using carefully collected scientific evidence, Rachel Carson showed that they have at least two dangerous side effects.
注意深く集めた化学的な証拠を使って、それら(DDTとそれによく似た化学物質)には少なくとも二つの危険な副作用があることをレイチェル・カーソンは示した
One of these is the tendency to kill all of the insects in the location where they are used.
1つはそれらを使った場所で全ての虫を殺す傾向があること
Not all insects are harmful, however.
しかし全ての虫が有害なわけではない
Many bees, for example, perform necessary functions, such as pollinating plants and controlling the numbers of other harmful insects.
例えば多くの蜂は植物の授粉や、ほかの有害な虫の数を制御する、というような必要な役割を果たす
When useful insects have been eliminated, the result has often produced greater problems than before the pesticide was used.
益虫が駆除されてるとき、結果として殺虫剤が使用される前より大きな問題がしばしば引き起こされた
Another problem is that these chemicals do not disappear quickly.
もう一つの問題は、それらの化学薬品はすぐには消滅しないということだ
They accumulate in the bodies of insects and the birds and animals that eat them.
それらはそれを食べた虫や鳥、動物の体に集まる
Birds are especially affected, and frequently die when the chemicals from the insects collect in their body.
鳥は特に影響を受けた、そして虫からの化学薬品が鳥の体に集まったときしばしば死ぬ
Silent Spring demonstrated that the disappearance of many kinds of birds was due to the presence of pesticides in their food.
沈黙の春は、多くの種類の鳥の消滅がそれらの食物の中の殺虫剤の存在のためであることを示しました

殺虫剤としてのDDTの有効性によって1939年に発見されて、第二次世界大戦の間、広く使用され始めました。
何年間も、DDTは、近代科学のちょうどもうひとつの奇跡的な製品であるように思えました。
それは、多くの害虫、マラリアを運ぶ蚊、シラミ、およびフライズを破壊するのに使用されました。
DDTと同様の化学物質がして、する、まだ多くの利益であるという疑問が全くありません。
マラリアや黄熱病などの昆虫によって運ばれた病気からの危険は彼らの使用で大いに減少しました。
多くの人々の人生は、救われた状態で見て、伸しました。
しかしながら、沈黙の春はDDTと同様の化学物質の反対側に関して話します。
慎重に集められた科学的な証拠を使用して、レイチェル・カーソンは、彼らには少なくとも2回の危険な副作用があるのを示しました。
これらの1つは、それらが使用されている位置で昆虫のすべてを殺す傾向です。
しかしながら、すべての昆虫がどんな有害であるというわけではありません。
例えば、多くのハチが植物を受粉させて他の害虫の数を制御などなどの必要な機能を実行します。
役に立つ昆虫が排除されたとき、結果は、しばしば殺虫剤が以前使用されたより重大な問題を生産しました。
別の問題は、これらの化学物質がすぐに見えなくならないということです。
彼らは昆虫、鳥、およびそれらを食べる動物のボディーに蓄積します。
鳥は、特に影響を受けて、昆虫からの化学物質が彼らのボディーに集まるとき、頻繁に死にます。
沈黙の春は、多くの種類の鳥の消滅がそれらの食物の中の殺虫剤の存在のためであることを示しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。