スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溢れぬ私の魔轟神理論

魔轟神には耐えなければいけない時がある
まあ適当に書きたいことgdgd書いていきます

条件その1
相手のデッキが遅め
BF、光デュアル、クイック、帝 等

0.手札事故→激流に身を任せてください

1.Killまで持っていけず、なおかつリターンに耐えられない
最低でも2の状況になるまでは、偵察者で場を固める
お触れ等をセットしていければベスト

2.Killまで持っていけるが、何かあったときにリターンに耐えられない
この場合のリターンに耐えられない、っていうのは手札が2枚以上残る場合を指します
つまりレイジオン、貪欲を上手く繋げていられない状態ですね
この場合ゴーズが出てくると返せなくなって死にますね
何かあったときのリターンを考えるとあえて無理に殺せるところまで持っていかずにゴーズやフェーダーを釣って
トリシューラで返してあげる、というのもアリ
まあ難しいけどね

3.Killまで持っていけて、なおかつリターンにも強い
この状態は1個の間違えまでなら許されますね
リターンにも強い状況にさえなるなら、ですが
理想としてはKILL圏に入るダメージ量の確保
ゴーズやフェーダーが出たときにそれに対応してトリシューラが出せる
残り手札が3枚
この状況が作れて負けたら相手が強かったということにして泣き寝入り

条件その2
相手のデッキが速い
インフェルニティ、X-セイバー、魔轟神 など

0.手札事故→激流に身を任せて死ねば楽になれる

1.Killまで持っていけず、なおかつリターンに耐えられない
これはもう動かずに耐えるしかない
相手が大きく動けないことを祈って耐える

2.Killまで持っていけるが、何かあったときにリターンに耐えられない
3.Killまで持っていけて、なおかつリターンにも強い
この状態は相手が速いデッキなら対して意味を持たない
殺せるか殺せないか、それだけ
それでも条件その1のようにトリシューラをつくれる準備をしておければだいぶ変わるけど
あとは相手の手札枚数次第、かな
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。