スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルゲーザ

DMvault-ドルゲーザ-※現在はデッキを改造してあります

まあここに書いてあることのコピペでお茶を濁すお

1.ドルゲとキリノの枚数
キリノに頼ったプレイングは手札を大きく消費する
しかも今は軽量除去やボルホが闊歩する環境
その中でキリノを多く積んだデッキは正直弱い
しかしそうなるとドルゲの枚数も難しい
シンパ元としてはフェアリーホールからのPジャイアントや核となるスペース、スペンガリィ
しかしスペースもまたボルホの餌になりやすいのは確か
それでも対Mロマに対するブロッカーと言う抑止力は大きい
ドルゲは優秀なカードだが4積むかどうか、キリノは必要かどうかがポイント

2.宝剣の採用
超優秀な除去であるのには変わらないが、多色と言う事故要因、7マナという重さ
この2点が難しい
出てしまったPクリなどの対処にはなるが対Bロマでは手遅れ、Mロマでは間に合わないというのが考えられる
こちらが完全に優位でなければ撃ちにくい呪文
さらにドルゲーザは環境上優位に立ちにくいデッキなので調整が必要

3.母なる紋章
何を戻して何を出すの?
その一言

4.ホール呪文の種類と枚数
・リバイブホールの採用に関して
対コントロール戦ではハンデスで狙われやすいドルゲーザ
これを回収しつつ相互シナジーの狙えるスペースとのかみ合わせ
枚数は2か3がベスト、現状は2で調整
・フェアリーホールの枚数
ブーストとシンパ元となる呪文
枚数は3、4枚入れても使用に堪えうるとは思うが調整中
キリノからこちらに完全に乗り換えるのも手としてはアリ

5.軽量除去に関して
・スパイラルゲート
単純に軽量除去としての採用
環境の読み合いが大事
場合によってはcipの使い回しも検討
・陰謀と計略
対Pクリにおいては無類の強さを誇る呪文

どちらも時空の喧嘩屋キルがいた場合が辛い

6.スベンガリィの採用
単純に効果が優秀なシンパ元
多くの対ビートダウンに対して有効
しかし殴り返しが封じられるのでビートダウンに対しての回答として正解かどうかは疑問

7.シノビの種類と枚数
現状でのハンゾウ3、ハヤブサ2
速いビートが目立ってきた今だとこの枚数は正直どうなのか
調整が必要

8.序盤の闇
・タイムトリッパー
単純に優秀な闇クリーチャー
しかしキルやアンタッチャブルと言ったパワー1000のPクリが闊歩するようになれば薔薇城が多く見られるようになる
そうなった場合このカードは無力
・ジェニー
間違いなく採用は確定
その枚数。3か4と言ったところ
タイムトリッパーと同様薔薇城が流行る場合多少心もとなくなる
・ローズ・キャッスル
現状では入っていないが環境的に薔薇城が流行るようになればトリッパー、ジェニー1をこのカードに入れ替えることを検討
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。