スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しずつでも考えて

最近はモチベ回復傾向
遊戯王も、DMも
DMに関してはパックの発売が大きいかな

で、少しずつだけどデッキもいじいじしてます
そして久々に組んだDMのデッキ
青黒緑超次元フィフティ
まー名前の通り2種類のディアボロスで勝つための超次元デッキですね
基本ギミックとしては序盤にブーストやハンデス、ドローをしてのアド稼ぎ
中盤以降は4種類の超次元呪文をぶっ放しての制圧ゲーにもっていきます
未だ実戦が行えていないため調整不足
やっぱりこっちにDMプレイヤーがいないのは辛いですね(チラッチラッ
だれかDMやらないかなー(チラッチラッ


次に遊戯王のお話
ずいぶん前に弄ったけどまだ話題に出していなかった魔轟神のお話
は一応追記で
今の構築はコントロール、ビート合戦を意識しています
大きな特徴としてはメガハムスター・ライコウの採用
今回この2枚を採用した理由としては「デッキの安定度」というのを「久々」に考えたためです
一応選考会予選意識ってやつですね
魔轟神でありがちなパターンとしては初手で動けず、なおかつ置いておけるモンスターがいなく
ライオウやカイクウと言ったメタ要素をもったモンスターを置かれ、
なおかつ大量の魔法罠を伏せられじり貧になるというパターン
大嵐・大寒波が規制を喰らった今、これが魔轟神としては一番厳しいと考えてます
そのために初手で置いておけるモンスターとしてのメガハムスターとライコウになるわけです
メガハムスターの利点としては☆4、守備1800、リバースでの頭数増やしの3点が欲しいわけです
相手からのアタックで破壊されなければ単純にテンポアド、フィールドアドの2点が得られます
この際にライコウをセットすることでさらに墓地アド、テンポアド、フィールドアドが追加されます
これらはすべて魔轟神では特に有利に働いてくれます
ライコウは魔法罠を食べてくれるので大嵐、寒波がなくても
サイクロンと合わせれば何とか突破できるような薄さまでには持っていけるようになりました
メガハムの欠点としては墓守の偵察者と違い、能動的に動きにくいという点がありますが
メガハムを自ターン反転し、使用したい魔轟神獣をセットし
ケルベラルを場に出してブリューナクをつくることで実質的なサーチカードとしても働いてくれるので

テンポアドを大きく得られるよういなったため、プレイングとしても大きく変わりました
基本的にはグルグルを狙わないこと
何枚か相手の妨害用魔法罠を採用したため、デッキが大きく動きにくくなっています
そのため基本的にはレイジオンを1体つくってバックを固める、と言ったプレイングが増えると思います
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

選考会ってやるの?w
さすがにやらないんじゃない?
自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。