スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁止制限考察

テスト前になってしばらくカードゲームやれないので自慰的に考察
だいぶ長くなると思うのでうんぬんかんぬん
暇すぎる人だけ読むといいよ

てすといやじゃぁあああああああああああああああああああ


禁止制限改めてみると多すぎて笑える
禁止カード
《イレカエル》
ループギミックの規制その1
基本的にはパワーカードってわけじゃないけどシンクロと射出が悪かった
エクシーズが出たからエクシーズもよろしくない

《ヴィクトリー・ドラゴン》
俺はこの子あんまり知らない人間なんだけど特殊勝利条件カードはあんまり、ねえ
今の時代こいつでがんばれるかって言われたらわからない
誰か教えてください

《混沌帝龍 -終焉の使者-》
あー、だめだわ
何も考えずにぶっぱできるカードはよくない
加えて火力付きとかお話にならない

《キラー・スネーク》
アド+1カード
今の環境じゃこいつ1枚いたところで採用するデッキも採用する環境もわからんよ
それでも転生やらのコストがなくなるのは強いか

《黒き森のウィッチ》
ダムドとか引っ張れるのよね、この子
リミリバ対応してないけどリビデ緩和した今の環境だと糞みたいに大活躍する未来しか見えない
やっぱりこの子はここが妥当

《ゴヨウ・ガーディアン》
こいついないとトリシュとかの処理面倒なんすよ
こいつはブリュと一緒で抑止力

《混沌の黒魔術師》
ループギミックの規制枠
せっかくだからいろんなギミックで遊んでみたいカード
毎ターン2800が返ってくるぐらいどうってことないでしょ?はっ
キラスネと一緒に使うとアホみたいに強いな

《サイバーポッド》
ループ規制ギミック……?
色々悪さできそうな気がする、特に今なら

《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
簡易融合で呼べる☆1枠欲しいなーちらちら
簡易融合で除去ってシンクロの頭数増やせるってキティガイやね
フォーミュロンどや

《処刑人-マキュラ》
きみのいばしょはここなんだよ
カードの使用ルール捻じ曲げるカードってのは基本的に強いね
特に罠は1ターンのラグがあるってことでだいぶスペック高めに設定されてるみたいだし?

《聖なる魔術師》
環境のスピード的にも制限でいい気はするけど
大事な場面でパワーカード回収されたら禁止行けって叫ぶわ

《ダーク・ダイブ・ボンバー》
こいつがいた環境が好きでした○
ループ的なギミックで殺されるのは嫌だけど〆の火力としてスゲー優秀だった
だから禁止なんだけどね☆

《月読命》
ループギミックにはなりにくいけどやっぱり汎用性は高いかな
それでもモグラやらゼンマイスターの存在考えるとどうなのかなーって
妥当な位置なのかそうじゃないのか

《D-HERO ディスクガイ》
簡単すぎるドローソースは規制されるべき
特にカード使用に制限のないこのカードゲームにおいては

《デビル・フランケン》
デビフラオサーン
俺が大会でわからせてから目撃証言が減ったとのうわさ
凄い特殊で面白い効果だと思うけど瞬間火力がすこーしばかり高すぎるね
手札1枚で生み出していい火力ではないよね

《同族感染ウィルス》
テーマデッキを推進してる状況だとこの子の威力は異常
逆にいえばこいつがいれば簡単にテーマデッキを駆逐出来るの可能性もってこと
こいつ1枚ぐらいならいてもいいと思うんだけどなー
流石に汎用性がヤバいか

《ファイバーポッド》
面白い効果だけど色々面倒すぎるカード
誰か僕にこの子のヤバい使い方教えてください

《フィッシュボーグ-ガンナー》
ループギミックの規制枠
流石に強すぎ、いろんな意味で☆2だったらまだ違ったかも?

《魔導サイエンティスト》
141と☆1チューナーorこの子がいればゲームが終わる
でも☆1チューナーにはヴェーラーとかハネワタとかいるから逆に面白いクソゲー

《メンタルマスター》
ループギミックの規制枠
カームの高騰は大体こいつのせい
☆1チューナーが消えたのはだいぶきついサイキックさん

《八汰烏》
状況限の勝ち確カード
状況つくれればいいけど作れないと弱すぎるよね
ファンカスノーレ決めればいいのか(笑)

《レスキューキャット》
帰ってこないかな―ちらっちらっ
こいつ消したからか色々はっちゃけて強力な☆3以下の獣だしてる感じはあるよね
だからダメだな

《悪夢の蜃気楼》
簡単すぎるドローソースは規制されるべき
特にカード使用に制限のないこのカードゲームにおいては


《いたずら好きな双子悪魔》
特殊条件付きハンデスすら強いのに無条件ハンデスはクソ

《王家の神殿》
マキュラと大して変わらんよお前は
チェーンサイクでいいとか言ってる奴は池沼

《押収》
双子悪魔に同じ
強すぎ

《苦渋の選択》
簡単すぎる墓地肥やしはヤバい、マジでヤバい
ゾンキャリ ダンディ ゼピュロス バルブ スポーア ニコッ

《強引な番兵》
双子悪魔に同じ
こいつってダストシュートの上位なんだぜ

《強奪》
サーチ容易なコントロール奪取
そう考えると心変わりよりヤバいかもしれん

《強欲な壺》
あまりにも強力すぎるドローソース
こいつが使えた時代は凄い時代だ

《心変わり》
シンクロやエクシーズがはびこる時代の無条件コントロール奪取
ゴゴリ

《サンダー・ボルト》
ブラホですら糞パワーカードやん

《次元融合》
手打ちできる帰還……ゴゴリ
どっちが強いって言われたらどっちなんでしょうね

《生還の宝札》
バカみたいなドローソース
特に墓地から帰ってくる子が増えすぎたね
戻って来れる要素がない

《洗脳-ブレインコントロール》
心変わりの完全下位互換
こいつですら禁止の時代だよ、まったく
こいつでバルバのコントロール奪われて死んだのがトラウマです

《大寒波》
帰って来ないかな―
帰ってこいよー
カードの使用を止めるカードは強いね

《蝶の短剣-エルマ》
ループギミックの規制
それ以外は普通のスペックなんだけどね

《天使の施し》
強欲な壺と肩を並べるドローソース
墓地肥やしのことを考えるとこっちの方が優秀まである

《ハーピィの羽根帚》
これ帰ってきたらスタロ2積みからの読みあいが勝負

《早すぎた埋葬》
ぶりゅるーぷよゆうでした

《ハリケーン》
かえってこいよーたのむからー
ハリケと嵐に文句言ってるのはガン伏せ厨
規制に文句言うやつはぶっぱ厨
どっちもどっちやね、俺はぶっぱ厨

《マスドライバー》
召喚権使わない射出カードはアウト
もっと早くに規制するべきだったのでは?

《突然変異》
どーんってやってぼーん
特殊召喚ギミック増えすぎだね
エクストリオとかもいるし

《遺言状》
シンクロ召喚かーらーのー?
スペック高すぎる
単純な使用感ならウィッチやらクリッター以上じゃないかな

《王宮の弾圧》
ざまぁwwwwwwwwww禁止情報が流れる前日に1,300円でスーレア買った俺ざまぁwwwwwwww

《王宮の勅命》
汎用性高すぎる魔法無効化能力はヤバい
条件なしで魔法無効はマジでヤバい

《現世と冥界の逆転》
まさにワンターンキル
デッキ減らして減らして減らした最後にこいつをぶち込むのさ
マキュラやら王家の神殿がいると本気出す

《死のデッキ破壊ウイルス》
大型モンスター大好きな僕にとってこのカードは悪魔のようなカードでした
それは魔轟神を使う今でも気持ちは変わりません
このカードに帰ってこいと言っている人はもう一度ウィルスに侵される大好きなモンスターたちのことを考えてみてください
ヴァルハラ天使でクリスティアが被害にあったときのやるせなさと言ったらもう

《第六感》
墓地肥やしor超ドロー
とりあえず5と6宣言しとけ、な?

《刻の封印》
こいつが未だにここにいる意味がわかr
フリーチェーンのハンデスってよく考えたらヤベーな

《破壊輪》
フリーチェーン除去+火力
ああ、この子はヤバい

《ラストバトル!》
ジョウゲンとパキケ
どっちがお好き?


禁止カード総評
ここに来るカードは大体理由がある
どう考えてもヤバい理由が
こいつは強いから禁止にしろ!では収まらないカードが結構多いね
汎用性では語りきれないカードが大体ここに収まった感じ


制限カード
《E・HERO エアーマン》
エアーマンでエアーマン引っ張って(ry
エアーマン以外の~にしても今は汎用性が高すぎるね
アド+1でこのスペックはヤバい
特にアナザーのスペック

《オネスト》
実質的な超火力
もっと早くに制限ぶち込むべきカードだったと俺は思うよ
制限でも影響力は高いよ
手札にいたら死ぬから

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
なぜ帰ってきたのか
こいつの除去能力と瞬間火力は遊戯王のなかでも屈指でしょう
禁止カードも含めて
実力で禁止に行ったカードを緩和して様子みたい気持ちもわかるけどねぇ

《剣闘獣ベストロウリィ》
剣闘獣嫌いです
戦車禁止にするならイチゴ緩和は許します

《クリッター》
超汎用カードだけどライロが流行ると若干セットするのが怖いカード
それでも超強い
初手に引きたいカード筆頭

《真六武衆-シエン》
1体出れば大体勝ちゲー
2体並べて負けたらプレイヤーのせい

《ゾンビキャリア》
KONMAI得意の「1ゲーム中に一度だけ」がつく前の産物
馬頭鬼とゾンマスとゴブゾンは悪いことしたよね
主にスカルデーモンさんに

《ダーク・アームド・ドラゴン》
2枚だと全然引けるクソフィニッシャー
制限でも効果通ったら勝ちゲーやで

《ダンディライオン》
クイックとナイスコンボ
デブリ規制されたからあとはヤバいところはクイックぐらいかなーって個人的には思ってまする
それ以外ではそこまで強くないよ、そこまでね

《TG ハイパー・ライブラリアン》
ライブライブフォーミュラクェイサーの流れはガチ
1枚だとなかなか使いどころも難しくていい感じ
カタストル潰すのもこいつの役目
こう考えると汎用性の高さもピカイチ

《デブリ・ドラゴン》
汎用性の高い餌とシンクロ体が増えすぎたよ
トリシューラの弊害はだいぶ大きいね
こんなところにも余波がきてる

《深淵の暗殺者》
こいつもナイスな手札コストカード
死者転生をノーコストで使えるのは強いねやっぱり
除去効果もナイスにヤバい

《N・グラン・モール》
サイバードラゴンとセットで殴るだけで勝てる可能性がある子
シンクロエクシーズのせいでむやみに緩和できなくなったねー
この除去性能はやっぱり強い

《ネクロフェイス》
ライブラリアウトは強い
特にアンデは特殊ギミックでこいつ利用してくるから困る
ていうかLOは強い
リヴァイエールとかも使えるし特殊ギミックとしてのこいつはまだまだ注目できる、するべき点が多いと思う
制限でも黄金櫃のおかげでちゃんとそういう使い方もできるからいいね

《氷結界の龍 トリシューラ》
こいつはヤバいマジでヤバい
全国の遊戯王プレイヤーの財布を枯らして一部のプレイヤーの財布を潤した元凶
そして全国の遊戯王プレイヤーの手札も枯らした元凶
汎用性スペックともにヤバい
こいつを何体も出すデッキが出来たほど
ミストウォーム厨息してるー?
まあミストウォームも強いけど
墓地と手札持ってけるのは強い、除去先も除外ってのもヤバい


《氷結界の龍 ブリューナク》
こいつ制限って意味あんのかな―って思ったけど魔轟神は予備で2枚入れたかった
だからきっと制限ってのは妥当
普通に汎用シンクロ出し

《封印されしエクゾディア》
《封印されし者の右足》
《封印されし者の右腕》
《封印されし者の左足》
《封印されし者の左腕》
いい加減禁止に送って魔法使いサポート増やしてほしい
主にサーチ

《フォーミュラ・シンクロン》
諸悪の根源?
ライブラリアンとクェーサーとのシナジーがヤバい

《BF-月影のカルート》
手札から計算時に投げられる攻撃力増加カードはヤバい
特に戦闘が条件で発動するカードを内包するBFでの威力はヤバいね
サーチカードもあったし

《BF-疾風のゲイル》
特殊召喚内蔵で他のモンスターにはないような超汎用効果持ったチューナーって……
こいつは早々に制限送って正解
制限ではなかなかいい味を出すね
BF以外ではまだまだいぶし銀

《マシュマロン》
死霊が無制限でこいつが制限な理由
やっぱり死霊は死にやすいからな、許されやすい……のはおかしいでしょ
それでも戦闘破壊耐性は超えにくいね

《冥府の使者ゴーズ》
こいつが準~無制限の環境とか凄いゴーズゲーになるよね
攻撃力の底上げがシンクロで出来るようになったとはいえ2700+αがぽっと湧いてくるのは脅威
☆7だからそのあとシンクロで底上げが出来るのも……あれー?

《馬頭鬼》
ノンコストの完全アド+墓地蘇生
自身のサーチの容易さ、高めの元スペックと合わさって環境を支配したカード
ゴブゾンやゾンキャリを使用したシンクロアンデは未だに使用者のいるいぶし銀デッキ

《メタモルポット》
なんだかんだいって状況に応じてバカみたいにアドバンテージ稼げるこの子はここ安定
暗黒界相手でこのカードの効果と押したら負けゲー
て言うかこいつにアド3以上差つけられたら負けゲー

《ライトロード・サモナー ルミナス》
ルミナスガロス墓地肥やして2ドローしますね^^
制限安定、シンクロエクシーズもあって釣り上げ可能なカードは規制されてしかるべき
特に墓地肥やしテーマでのデッキでのつり上げだし、ね

《ローンファイア・ブロッサム》
もともとは手札1枚からの28打点
次第に汎用性の高すぎる植物ギミックの増加
28打点増やしてるだけなら準制限が妥当だったね
制限だと使いにくすぎる
もともと不遇だった植物族の救世主だったんだけどね

《異次元からの埋葬》
遅延ダークやらアンデやらで規制
もともとは外レア扱いされてたけど当時は2k越えとかざらでした
馬頭鬼やゾンキャリネクガ等超強力な能動除外ギミックが多かったんですね

《インフェルニティガン》
今でも強いインフェルニティの核
デーモンって言う圧倒的な汎用サーチャーに支えられた最強カード
サイクロンで(ryとか言ってるのはマジで池沼

《大嵐》
帰ってきました大型魔法罠除去
スタロにかかれば死亡、それ以外なら基本アド
ナイスなカードだぜ
ライロが流行ると腐りやすいのが玉にきずだけどまー平気でしょ
緩和されたサイクと合わせての読みあいが面白いね
嵐を念頭に置いたプレイングは基本的に面白い
主にサイクロンが

《おろかな埋葬》
クソレア扱いだったけど今じゃ立派な墓地肥やしカード
バブーンやらの単体でアドが稼げるカードが増えてからはどんどん評価が上がったのが印象的
今じゃそのバブーンさんは見る影もないけど

《緊急テレポート》
圧倒的汎用カード、ただし禁止になるレベルではない
これとクレボンスやサイコマを入れておくだけで簡単にシンクロに行けるって言うのはだいぶ革新的で使いやすかった
速攻魔法という点からも防御的に使えるのもよかった
シンクロにつなげたり防御に使えたりという点ではある意味スケゴにも近いかもしれない
呼び出し先が汎用性高かったのも協力だった理由だね

《黒い旋風》
バカみたいな爆アドカード
とりあえず発動してシュラ召喚カルート
この流れが決まったら確実に負けが近づく
何を考えてこのカードを作ったのやら
ブリーズさん……

《原初の種》
開闢が返ってくるに当たって一気に2階級特進の制限カードへ
制限カード(特殊召喚モンスター)を使用したループギミックなんて流石に難しすぎると思うけどね
まあ3枚詰めたら開闢さえ出せればアド取れるって考えたらここで制限に置いておくのはいい判断ではある

《高等儀式術》
パーデクデミスヤバいよヤバい
許されざるべきカード
主にパーデク
デミスまでなら非常に面白いカードではあると思う
どうせなら儀式モンスターのほうを効果を持たないモンスターに限定すれば面白いコンボデッキとかも期待できたと思う

《紫炎の狼煙》
カゲキ影武者シエンの流れを支えたサーチカード
真になってから一気に☆3以下のカードを増やしてるからこういうサーチカードを作ったんだけど流石に強すぎ
頭悪い

《死者蘇生》
元禁止カードの超ハイスペックカードさん
こいつが制限にいるうちはどんなデッキ組んでもこいつが入ればエクストラは必須
シンクロエクシーズはござれ
開闢さんのお呼び出しも

《スケープ・ゴート》
最近までは強いと思ったなかったけど
急激に評価をあげたカード
主に暗黒界だけど
やっぱり制限カードには制限カードとしての強さがある
ちゃんとその強さに応じたデッキはあるし、組める

《精神操作》
唯一の汎用コントロール奪取
ここまでの効果に制限かかってても強いのはやっぱりシンクロエクシーズのせい
環境とギミックはどんなカードを掘り起こすのかわからないから面白い

《増援》
全種族中最も数の多い戦士族、下級が粒ぞろいと定評のある戦士族
その専用サーチカード
こりゃだめだ
エアーマンに六武衆、ジャンクやストライカー
汎用性の高い戦士はまだまだ沢山いるぞ

《月の書》
一度は無制限まで行ったんだけどねー
気付いたらねー
やっぱり強いし使いやすい
止めにくい妨害カードは強い

《手札抹殺》
暗黒界のメインギミックにもなる子
墓地肥やしと手札交換が同時に出来る大型マジック
やっぱり強い
暗黒界や魔轟神ではほとんどアド+

《貪欲な壺》
天狗やジャンド、魔轟神などでの活躍で再び制限に
開闢やカオスソーサラーの緩和によりなんとか制限の穴を埋めるって感じですかね

《光の援軍》
ある意味では汎用大型墓地肥やしカード
ランダム性が高いのが欠点
発動時にデッキが4枚掘れて、なおかつ追加でデッキを掘れるカードをサーチできるのが魅力
墓地肥やしという点に目を向ければある意味第六感にも近いスペックといえるだろう
制限カードになったルミナスをサーチするのが主な役割
その他のデッキではランダム要素で墓地を肥やしていくカード

《ブラック・ホール》
禁止→制限へと緩和されてこれで1年が経過した大型モンスター除去
どんな状況でも使えるというわけではないが、劣勢を返せる手段としてはトップクラス
今回大嵐が緩和されたことでスタロ警戒が必要になってしまったため実質的には弱体化

《未来融合-フューチャー・フュージョン》
未来オーバーや未来ショッカーおよびドラゴンなどでキーカードとして使用される
その他にもHEROを使用したデッキでは実質的なおろかな埋葬として機能する
特に永続魔法という点から再利用が可能なためHEROではこのカード1枚を引いただけで
シンクロモンスターを超展開することも可能なほどに
そのため今回の改定では禁止入りを噂されたが難を逃れた、なおもっとも安心したのはドラゴン使い

《名推理》
《モンスターゲート》
デッキからモンスターを展開できるカード
同時に魔法罠限定ではあるが一気に墓地を肥やすこともできる
それを利用したデッキが【マジエク1Kill】や【残骸爆破】
さらにこいつらは通常召喚できないモンスターをめくった場合はそのまま墓地に送るため
ライトロード・ビーストウォルフをめくった場合はそのまま場に展開でき
さらにカードの効果でモンスターを特殊召喚することが出来る
でもやっぱり一番の問題はマジエク1Kill

《闇の誘惑》
闇属性をある程度投入したデッキならばほぼ確実に採用されるほどの汎用ドローソース
このカードを使用することで安定性と爆発力を手に入れたのが【闇ドラ】
【シンクロダムド】や【アンデシンクロ】全盛期を支えたのもこのカードである
除外したモンスターをそのままにするか、さらに利用するかも構築しだい

《リミッター解除》
速攻魔法なのが悪かった
コンバットトリックのなかでもデメリットは大きいが瞬間火力は現禁止カードにも引けを取らないほど
特に【マシンナーズ】や【サイバー】では大型の機械族モンスターを展開出来るためその威力は計り知れない
さらにマシンナーズではユニオンによって破壊デメリットを緩和できるのも強力


《レベル制限B地区》
基本的ロックカードの1枚
エクシーズモンスターは止められないが永続効果により最低でも一度守備表示にさせるため
モンスターによって除去されてもそのターンはそのモンスターに攻撃されることはまずないというのが強み
さらに今回無制限まで緩和されたグラビティバインドと違い魔法カードは無効化されないのが大きい

《六武の門》
全盛期の六武衆の展開力を支えたカード
制限となった今でもこのカードを引ければ大きく有利になるだろう
パンプ能力は地味で忘れられぎみだが確実で堅実な効果のため必ず役に立つ場面はある

《ワン・フォー・ワン》
イレカエルやメンタルマスター、フィッシュボーグガンナー等の禁止カードをリクルートできることもこのカードの規制につながっている
上記の禁止3兄弟以外にも黄泉ガエルやグローアップバルブ、スポーア等の強力なカードがあるため制限緩和はしばらくないだろう
フォーミュラシンクロンの存在もこのカードの緩和を遠ざけている

《異次元からの帰還》
コストは大きいが相手に依存せず自分だけが除外カードを利用でき、いざとなれば防御にも使用できるのが利点
現在では【アンデット】や【暗黒界】などで使用される
エンド時に除外されてしまうデメリットはシンクロやエクシーズ、リリースすることで回避するのが一般的

《神の宣告》
言わずと知れた最強カウンター罠
基本的には大体のカードはカウンターが可能
その汎用性と他にも汎用性の高い罠が増えたため制限へ
DDBが流行った時代にはこのカードを一枚使用するだけでDDBによる射程圏内に入ってしまうという理由で採用が見送られた時期もあった
しかしDDBの禁止とともにこのカードも制限へ
制限になって改めてこのカードの強さを認識したプレイヤーも多いだろう

《激流葬》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
昔から多くのデッキで使用されてきた大型除去罠
激流葬は禁止経験がないがミラーフォースは禁止経験がある
しかし最近の環境を考えると攻撃反応罠はその前にモンスター効果によって除去されることが増えたため
現在では激流葬のほうが採用率が高くなっている
それでも召喚時に使用できる奈落の落とし穴や神の警告といった強力カードが出てきたため
先に出てきたミラーフォースのほうを優先したほうがいい場合もあるだろう

《ダスト・シュート》
強引な番兵の実質的な下位互換であるがそれでも多くのデッキに採用される
先攻でこのカードをセットして相手のスタンバイフェイズに発動することで情報アドとテンポアドの両方を奪える
中盤~後半では腐りやすいのが欠点になる

《停戦協定》
最大5k火力のバーンカード
リバース効果を発動させずに安全に裏側から表に出来るのも魅力
ロックバーンの中核の一つ
ビッグハムスターなどとのシナジーが期待できるが制限なのがたまにきず
生命力吸収魔術は使い気がしないですね
直接的に勝利に結びつくアドバンテージはやっぱり魅力

《転生の予言》
汎用墓地返し
あらゆる意味で汎用性が高いカード
自分のカードの再利用や相手の墓地利用の妨害など
IFガンをデッキに戻してデーモンでサーチといった動きを絡ませることで当時のIFを彷彿とさせる動きも
その他にも汎用性の高さゆえにいろんなデッキに採用することが出来る
ガジェットや代行天使での球体などデッキからのサーチリクルートを頻繁に行うデッキでは採用が考えられるだろう

《光の護封壁》
基本ロックカードの1枚
しかしこのカードの真骨頂は強力なロック効果ではなく
一気に自分のライフを減らすことが出来るということである
自爆スイッチや大逆転クイズなどの準備を一気にする事が出来るというのは非常に強力
もともとロックカードとしての強度も高いのが評価されて制限へ

《マジカル・エクスプロージョン》
ループギミックや推理ゲートを使用して相手のターンが始まった瞬間にライフを削りきるという1Killデッキが猛威をふるったため制限へ
今でも墓地を肥やして一気に大ダメージを与えるデッキとしては【残骸爆破】などがあるが、
ループギミックやダメージ量などに不安が残る

制限カード総評
基本的にはファンデッキや変なコンボを紹介したいなーと思ってたけど
制限でできるコンボは思った以上に少なかったですね
変なネタがあっても制限だとやっぱり厳しい


準制限カード
《カードガンナー》
自ターン限定の19打点と墓地肥やし、破壊された時のドロー効果
デブリ対応の☆3モンスターで機械族とハイスペックなモンスター
準制限という状況では機械複製術とのコンボを狙うのメリットは薄いためなかなか妥当なライン
基本的には面倒なシステムモンスターとの相打ち以上を狙って行きたいところ
ライオウやデスカリ、カイクウなど
墓地肥やしギミックと種族からシンクロを主軸としたマシンナーズの構築も考えられるだろう
最近ではそのスペックの高さから地属性ながらもカオスを主軸としたデッキに採用されることも


《召喚僧サモンプリースト》
シンクロにエクシーズにと活躍の見込める魔法使い
エクシーズのおかげで強力なCIP効果を持ったモンスターを特殊召喚した場合に
ランク4エクシーズで戦線を強化できるのが利点
主に考えられる特殊召喚対象はライトロードマジシャンライラや終末の騎士、ゼピュロスなど
さらにはファンデッキ的な方向では聖鳥クレインやジェネクスブラストといった特殊なカードも
クレインやブラストはサモプリの緩和によってとても強化といえるでしょう
神風ジェネクスいいね

《大天使クリスティア》
特殊召喚効果を持ちながらも召喚制限などは一切なく、高ステータスでなおかつ特殊召喚を封じるという
鬼畜極まりない効果をもったモンスター
状況によっては山札の一番上に戻るのはデメリットにもなるが、何度でも登場可能な状況をつくることで
非常に処理の難しいカードとなる
さらに天使族には朱光の代行者といった優秀なチューナーも存在するためさらに対処は難しいだろう
ま、わかりきったことだけどね
天敵は死のデッキ破壊ウィルス

《D-HERO ディアボリックガイ》
デステニードローや闇の誘惑、エアーマンなど非常に強力なカードに対応する
準制限になったことで効果の凶悪性は目立ちにくいがゾンビキャリアという強力な相棒のおかげで事故も軽減されている
終末の騎士の効果でこのカードを墓地に送り、効果を使用して特殊召喚し
終末の騎士をコストにバードマンを特殊召喚することでクロキシアンをシンクロする事が出来る
手札消費1枚で行える行動としては非常に強力である
今回デステニードローが緩和されたことで再び注目されるだろう
現在使用可能なランク6のエクシーズは存在しないが、登場した時にその能力によっては再びこのカードに注目が集まるかもしれない

《トラゴエディア》
戦闘ダメージに反応して特殊召喚できるモンスター
レベルを調整する効果と相手モンスターを奪う効果を内蔵しているためシンクロやエクシーズといったギミックとも相性がいい
自分の手札によってスペックが変化するため、ゴブリンゾンビを要する【シンクロアンデ】では1Killを防いだり、
シンクロに使用したりと幅広い活躍を見せた
手札が減りにくく、場が開きやすいスピリットモンスター群とは非常に相性がいい
さらにスピリットの上級モンスターは強力な効果を持つがリリース要員を確保しにくく、【スピリット】では採用しにくかった
このカードの登場により非常に使用しやすくなっただろう
他にもジェネクスウンディーネで伊弉波を墓地に落としてコントローラをサーチ
次のターンに大和神を特殊召喚してコントローラでクロキシアンを出すデッキも存在する
ウンディーネはステータスが低く戦闘破壊されやすいためトラゴエディアの召喚条件を満たしやすく
なおかつ手札を減らしていないため高攻撃力を確保できるため、非常に相性がいい
さまざまなファンデッキをサポートできる点もあり、このカードの緩和は追い風となるだろう

《ネクロ・ガードナー》
ライトロードやダーク等のデッキで使い続けられたが、制限になったことでライトロード以外のデッキで採用されることは減っていた
しかし今回の緩和で再び注目されるだろう
スペックとしては中途半端で色々と使いにくいが、ライトロードにおいては特に気にすることもなく採用できる
属性種族ともに優秀で、任意で墓地の枚数を調整できるためさまざまなコンボが考えられるだろう

《氷結界の虎王ドゥローレン》
ループギミックの規制枠
1ターン中に行えるループギミックには3枚のこのカードが必要なため準制限にする事でループを抑制できる
シンクロと相性のいいリミットリバースなど相性のいいカードはどんどん増えているため、このカードの効果を有効利用できるデッキは今後もさらに増えていくだろう
王宮の弾圧と王宮のお触れを採用したデッキは玄人好みになりやすいが非常に自分が有利な読みあいを行える

《王家の生け贄》
コンボ用大型ハンデス
相手デッキによっては勝ち確なので若干の規制を
フィールド魔法に依存する関係上どうしてもサイクロンの無制限は痛手
さらに墓守自体が環境に置いていかれていることでどうしても上には来れないだろう
マインドクラッシュの緩和でどこまで戦えるかが勝負
ただし暗黒界というハンデスに強いデッキが環境で戦う力を持っているうちはどうしても無理


《連鎖爆撃》
シンクロというギミックにより、低攻撃力ながらも強力な効果を持ったモンスターが増えた
それを根こそぎ除外、という点で使用される
連鎖破壊と違ってコンボ性は低いものの、自分のモンスターに撃つことで事前に相手のデッキからキーカードを撃ちぬくこともできるシルバーバレット的要素も

《デステニー・ドロー》
今回緩和されたドローソース
相性のいいカードは多いがどうしても環境、制限のなかでは使用しにくいカード群が多め
特に下級の粒のなさが痛いところ
下級の最大打点が14というのはあまりにも貧弱
その分強力な効果を持ったモンスター群だが環境的には流石に厳しい
上級モンスターを用いてかのスーパードローを再現するのが精いっぱいか


《光の護封剣》
攻撃を3ターンの間封じる特殊ルール魔法カード
長い間【ゴルガー】などのセルフバウンスで使われたが、今では単体限定だが効果と攻撃を封じられる
デモンズチェーンにその役目を譲っている
ロックデッキで採用することもできるが
どうしても力不足な感が否めない、同時に緩和されたグラヴィティバインドの存在も向かい風
ただし小学生は歓喜


《魔法石の採掘》
さまざまなコンボデッキに広く採用されていた
主にループコンボ系のデッキでよくつかわれていた
「コストで捨てる」のでなかなか面白いコンボギミックが今でもある
例えば超再生能力を発動して手札のドラゴン2枚を捨てて採掘で超再生能力を発動
エンド時に4ドローする事が出来たり
神剣フェニックスブレードのようにコストとして使いやすいカードを用いて墓地の強力魔法を回収したり
といったこともできる
広い用途が考えられるがどうしても通常のデッキで使うにはコストが重く、コンボデッキになってしまうだろう


《おジャマトリオ》
さまざまなバーン系デッキで使用されたカード
相性のいいカードは自業自得や逆ギレパンダ
ともに相手の場に存在するカードの枚数を参照するカードで相性は抜群
単純にそれだけでも期待ダメージ値は1500以上になる
シンクロというギミックのせいで利用されやすくなったため緩和されたと思われる
現在でも様々なコンボギミックが考えられるため研究が期待される


《神の警告》
《奈落の落とし穴》
ともに優秀な除去罠
環境に応じてどちらかを採用したりともに採用されたりと高い汎用性を誇る
それぞれで違う役割を持っているが効果の範囲は大きく違う
コンボギミックにはなりにくいため短めに終わる


《マインドクラッシュ》
サーチや墓地回収などのギミックを抱えたテーマデッキが多く環境の一角を担うようになったため
今回の緩和がされた
単体でも使える場面は多くさらに相性のいいカードは多くあるが、ダストシュートとの相性は抜群
先攻で2枚を伏せるだけで相手の手札を2~4枚減らすことが出来る
状況に応じて相手の手札がわからない状態で発動することも
例えば、ゴーズが相手の手札にあったら逆転される可能性があるがなければ勝ち
という場面で冥府の使者ゴーズを宣言することで確実に相手の手札に無い場面をつくることが出来る
フリーチェーンであるため非常に使いどころとプレイングが難しいカードであるが非常に強力
暗黒界においては効果失敗時のデメリットをメリットとしても使用することが出来る
さらに墓穴の道連れとの相性の良さを認められ、墓穴の道連れのシングルレートを高騰させた

《魔法の筒》
相手モンスターに依存するが、非常に高いダメージ効率を誇る
相手の攻撃を止められるため防御としても使えるうえ、ダメージ期待値は1800を超えるので
フィニッシュカードとなる可能性も秘めている
準制限に緩和されたことでこのカードによる事故死も警戒しなくてはならない
ディメンジョンウォールとともにウォールバーンは現在でも現役を誇れるだろう

《リビングデッドの呼び声》
多くの下位互換・派生カードを持つ蘇生カード
過去には禁止を経験しているが罠ゆえの遅さとサイクロンの緩和がネックになり採用率は下がっていたため緩和
それでも強力なカードなのは間違いなく、準制限というポジションを活かして採用率が上がる可能性はある
単純に相性のいいカードも多く、制限となったライブラリアンやフォーミュラシンクロンの再利用も出来るだろう
コンボ的要素や高いプレイング性もあるため期待できる

準制限総評
やはり書いてて思うが、もともとがコンボギミックだったり環境に置いてかれたカードが多くみられる
そういったカードは様々なコンボギミックを抱えていることが多いため
ここに書いたことでは収まらないほどの可能性があるだろう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。