スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴァルバルな2人

《ラヴァルバル・チェイン》と《ラヴァルバル・ドラグーン》の【ラヴァル】における比較

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/海竜族/攻1800/守1000
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分のデッキからカードを1枚選択して墓地へ送る。
●自分のデッキからモンスター1体を選択してデッキの一番上に置く。

シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/ドラゴン族/攻2500/守1200
チューナー+チューナー以外の炎属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を手札に加え、
その後手札から「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。

どちらもラヴァルの基本的な展開となる
《フレムベル・ヘルドッグ》で相手モンスターを戦闘破壊
《封印の黄金櫃》で除外したモンスターを《ラヴァル・キャノン》によって釣り上げる
という行動から両方とも出せるので展開・墓地肥しの要となる


《ラヴァルバル・チェイン》の場合
打点が低い
サーチが遅い
効率よく墓地に非チューナーを送り込める
当然ラヴァル以外も落とせる
破壊後の再利用が非効率的

《ラヴァルバル・ドラグーン》の場合
《スターダスト・ドラゴン》と相打ちが可能なライン
手札に《ラヴァル炎火山の侍女》がいた場合、ラヴァルと名のついたモンスターを自由にサーチしつつ墓地肥しが可能
起動効果のため、再利用が行いやすい 除外→《ラヴァル・キャノン》等によるつり上げ
墓地に非チューナーを送りにくい


どちらも状況によって使い分けることが可能であり、使い勝手もなかなか異なる点がある
それでも両方とも同じ始動から同じ行動をとることが可能である
使い勝手をそれぞれ吟味したうえでプレイングに変えたい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。