スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2伏せかガン伏せか、それが問題だ

だいぶ個人的感覚のはいったプレイング論
1.罠ビート
2.奈落警告神宣月の書サイクロンのはいったテーマデッキ
3.罠少なめのテーマデッキ

この3つのデッキの視点でバックに関するプレイングを適当にだらだらと

1の場合
基本は3~4伏せ、その中にサイクロンを一枚仕込めるのがベスト
スタロがなくてもこれは鉄板
嵐警戒は必要なし、相手が勝手にスタロ警戒して温存してくれればラッキー

2の場合
初手に妨害魔法罠2枚+サイクロンの時
魔法罠を伏せてサイクロンは手札に温存
サイクロンの仕事は自分が展開するときに相手の手を潰すためのもの

3の場合
基本的にサイクロンは伏せで渡すのを定石に
相手のサイクを釣って2:1交換できるのが理想
相手が1か2のパターンの時が一番難しいけど

細かい解説は追記に

ここからは結構だらだら書くことになりそうなので読みにくいと思います

・1のデッキで3~4伏せにする理由としては、自分のプレイング論にあるわけですが
2伏せは弱い、脆いというイメージがあるためです。
例えばサイクロンで1枚抜かれれば残りは1枚、相手が大量展開型のデッキ(初動がループ系ではない)を相手にした時、残り1枚の伏せでは対応しきれないためです。
特にサイクロン、ストウルフワンダーという展開を行われたときに相手は召喚権を使用せずに確実にこちらの伏せを0に出来ることになります。
伏せが警告や奈落の場合、自分は2000のライフを奪われるか相手に1ドローを献上することになります
そこからの展開次第によっては何もせずに負けてしまう恐れがあるため、自分は多めの伏せを基本にします

・スタロの有無に関して、大嵐、ブラックホールを使用する際に最も警戒するカードはスタロになるのはまあ当然
つまり、伏せが多めの時は相手がスタロを警戒してくることになります
スタロがあれ場合、相手の嵐・ブラホを喰えるわけですが
スタロがない場合、相手の読みを大幅に外せるわけです
大嵐を撃てなくても相手の妨害魔法罠は2枚、という思考に至る可能性は低くはないですよね?
上で例に出したサイクストウルフワンダーという動きで2枚の妨害罠を消費した後
相手は残りの1枚をスタロと断定してさらなる展開を行ってくる可能性は十分にあります
しかし、残りの1枚も妨害魔法罠となっていれば相手の札を大きく削ぐことが出来る、ということになります

・2の場合での2伏せ推奨理由、それは「相手に使用デッキを絞らせない」という点になります
自分が先攻にしろ後攻にしろ、大体のテーマにはリバースやリクルータ・サーチャー等の低打点・高効果のカードが多いはずなので、モン伏せ2伏せを行うことで相手が「読みを行えない」プレイングを行う必要が出ます
そして枚数に関しては「適度にカードを手札に維持できる枚数」だからです
モン伏せ2伏せで残りの手札は3枚
自分のデッキタイプが相手に発覚した後も、3枚、ドローして4枚の手札はKillへのプレッシャーが発生します
特に代行天使やセイバー等のテーマは手札の枚数がほぼそのままパワーカードの保有数に似ている場合があり、
相手のプレイングに制限をかけることも可能になります


・3のデッキに置ける、相手の伏せ枚数
一番ありがたいのは1伏せ~伏せなし、伏せの枚数が増えれば増えるだけ辛くなります
大嵐を握っていても、相手のスタロを考えた場合に、スタロで2500打点が出るだけで、防御手段を乏しくするデッキは非常に不利な状況になります



基本的には伏せは多めにセッティング、
罠の使用はハイリスクローリターンでもいいから「死なないための手段」を常に行う
ローリターンでもリターンがあるだけで可能性はあります


ま、こんなこと言っても真っ先に定石崩しに行くのが俺なんですけどね

適当にノシ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

定石を崩す、からよんだ
相手の意表を突ければ勝ち、でおk?

No title

>エリーさん
最後しか読んでないじゃないですかヤダー
本当はもっと考えてることもあるんですがどうせ実践できないのでお蔵入りしてます
自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。