スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Z/X】赤青αブレイバーの変遷

1弾環境
ブレイバーを使う理由は主にブケファロスの+4000という強烈な数字のみ
基本的に火力は黒(主に月影葬送牙)の劣化として見られていたため使用率はあまり高くなかったため使用率は低かった

英雄達の宴環境
ブレイバーのサポートカードとして最も使用される卑弥呼の登場により一気に強化された
卑弥呼とアルテミス、4コスバニラを中心とした速攻~中速気味に組まれた
Stフェクダやアヴィオールを基盤としたデネボラをドローソースとしてバトルドレス要素も組み込まれた
また、1弾環境から猛威をふるっていたリゲルも利用され、ウィニーデッキとしては最も一般的なカラーリングとして確立された

2弾環境
木蓮フィーユを用いた低速ファッティがメタデッキに
これらのデッキがチャージをIGに回さない(回せない)ことをメタとしたウィニーがメタとして使用された
構築としてはStのクイックドローやバトルドレスであるアルフェラッツ
アタッカーや火力としてアポロンやぜよぜよ、ジャンヌダルクが採用されるようになった
条件付きとはいえ3コストとしては破格の打点を持つトルマリンホークを採用する構築も見られた
またIGとしてはデュアルファイアや待ってろ今行く!などのイベントIG
蘭丸とシェアト(シュペーア)のIGフェイズサイクルも同様に採用された
1.5弾環境であまりにもウィニーが猛威をふるったためミリオンレインやDファイア、コラプテッドオーラといった複数対除去
登場ターンのゼクスにのみ使用できるスティールインパクトやブラックユニオンなどのウィニーメタカードも2弾で収録されている
しかし当時多く使われていた黒緑ではイベントをあまり入れないクリーチャーコントロールが主流であったためあまりこれらのメタカードは使用されず、赤青ブレイバーにはあまり影響を与えなかった
(黒緑ファッティに青とミリオンレインを使用したデッキも環境後半には良く見られた)

天使の慈愛・黒獣の闘剣環境
天敵とも言われる清廉フィエリテが登場
3段先攻収録としてモモタロウが構築に使用される場合もあった
闇夜の輪舞&陽光の旋律配布
現在でも使われるアリスが登場
これにより赤青にタッチで黒を採用する構成が赤青ブレイバーの基本構築の一つとなった

3弾環境
ウィニーの天敵・環境カードのデスティニーベインが登場
これへの回答として同弾のドライブピニオンや破格の1万打点を誇るアサギが用いられた
アサギはPSに置けないというデメリットがあったが前のめりに盤面を構成するブレイバーデッキではあまり問題とされず重宝された
また、ブレイバーデッキで広くシナジー強化するアテナが登場
さらにドローと盤面火力を持ち、色がぴったりあったリソースリンクのシェダルダハーカが登場
アリスも併用されドローソースを十分とし、アテナによる性能強化を理由にIGを赤中心にしてデネボラを利用しないデッキタイプも多く使われるようになった
しかしブレイバーがライフリカバリーを持たないこと、3弾でバトルドレスがライフリカバリーを獲得
主な青の強化点がバトルドレスであったことなどからデネボラを利用するデッキタイプも同様に使われていた
これは上にあげたベインに対して手札消費をせずに安定してダメージを与えられるといったことも挙げられる

4弾環境
ブレイバーがライフリカバリーを獲得 バトルドレスが3コストのIGバニラを獲得
ブレイバーデッキの天敵となりうるサイクロトロンとケイツゥーが登場した
しかしこの2枚に対する解答となる、トップクラスの打点を持つヤマタノオロチが登場し広く用いられた
また、今まで使用されていたリゲルではなくサイクロトロンを採用してその高い打点で確実にPSをこじ開けるデッキタイプも利用されるようになった
青のドローソースとしてベガ様を利用するES型も登場
ウィニーデッキを支えるダスクアクスや高い打点を持ち墓地コストで登場するシェイクスピアと併用する型も登場した
また4弾で登場したダハーカペンギンやダンサーアマディウスといった強力な効果を持ったリソースリンクも広く用いられ、一般的には赤青黒から2色ないし3色を用いるデッキがトップメタとして認識されるようになった

蒼星の剣姫・翠龍の双刃環境
青要素としてソードリベレイターリゲルを獲得
これにより以前から用いられていたリゲルを採用した型が強力になった
環境的には主に赤黒がトップメタとして使われており、あまり主流なデッキタイプではなかった
今まで赤黒を主流としてブレイバーをあまり使用しなかったハンニバルデッキが優秀なドロソを得て赤青構築をデッキタイプの一つとして確立した
またブレイバーデッキの防御カードとしてハンニバルを利用するデッキも登場した

5弾環境
ブレイバーが効果持ちVBのヴェルダンディを獲得
アテナや卑弥呼と高いシナジーを持ち、また-500と言う査定の低さによりデッキの2コストIG枠に座った
ブレイバーとして高いシナジーを持つ休息蘭丸や大六天魔王信長が登場
コストは重いが効果は非常に強力で高い盤面掃除能力を持った
ブレイバーとしての強化点は多くないが青が非常に強化されている
ドロー能力とレンジ2を持つ青のチャージリンクやドローとバウンスを持った猫の恩返しが登場
これらを組み込んだ構築も可能(ただし使われると辛い)
同様に5弾では白が非常に強化され、それらや4弾の青白リンクを用いたケイツゥーデッキが結果を残し流行
赤青系ブレイバーにとっては非常に厳しい環境となった


間違ったことや気になることあればきっと答えます
Twitter @horusu2300

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介
トーテムP、奈緒Pだ メインはZ/Xと北斗。ガチ勢です、強くはないです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンクバナー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。